婦人病に良い食べ物

婦人病に良い食べ物

 

 

婦人病は、中高年になると更年期なども影響して色々な症状や病気となる恐れがあります。婦人病の中でもとても一般的なものに生理痛があります。誰でも一度は体験した事があるのではないでしょうか。生理痛はらっきょうを食べると改善する効果があります。体を温める効果があり、血液の流れを活発にする作用があります。とても痛い傷みを抑える効果があり、ねぎなどの辛味の強いものと比べても、食べやすい事が特徴です。子宮病にはサフランが効果があります。サフランの使い方は、膣座薬にまぜ、バップ剤として貼り付ける事で効果的に使うことが出来ます。サフランはお茶にしたり、薬酒にも使われています。香りを楽しみながら、癒しの効果もありますので、ぜひ試して見ましょう。婦人病には乳腺炎があります。とても辛い傷みが続く事が特徴ですが、その場合には、ナスに効果があります。ナスに塩をつけて黒焼きにしたものと、ごま油で良く練り、それを患部に貼り付けます。梅干をいれても良いでしょう。傷みの激しい時やしこりがある場合には乳がんの恐れもありますので、病院で診察を受けると安心です。そして中高年になると心配になるのが更年期障害です。更年期には大豆の効果がとても有効になります。大豆にはビタミンEが多く含まれています。体の老化を予防する働きや、そして大豆のイソフラボンには、女性ホルモンを似たような働きをする成分が含まれている為に、体のめぐりを安定させる為にも効果があります。生理不順や生理痛の改善にもとても効果があります。ホルモンの働きを安定させたい場合にオススメですね。同様にローヤルセリーにも効果があります。毎日これらの食材を使って体のバランスを取ると良いでしょう。

 

スポンサードリンク