肺の病気に効果のある食べ物

肺の病気に効果のある食べ物

 

重病化する恐れもある肺の病気にはどのような食べ物が効果があるのかご紹介いたします。

 

肺の病気の中でも多いのが気管支炎です。

 

効果のあるものにはパイナップルがあります。

 

ビタミンCが抗ヒスタミン作用がある為に、筋肉の緊張を和らげる作用があります。

 

風邪を引いたときや、喉の傷みがある場合など、
そして気管支炎になったときにもパイナップルを食べると症状を抑えることができます。

 

しかし一度に大量に食べてしまうと、下痢の原因ともなりますので、注意をしてくださいね。

 

パイナップルの成分のプロメリンには痰をきる効果もある為に、一般の市販薬にも使われている成分です。

 

効果は評価されています。

 

そして呼吸困難になった場合の対処にはヨーグルトが効果的です。

 

ヨーグルトには体内の悪玉菌を減らす作用がありますので、
腸内の働きを活性化して代謝をアップすることが出来ます。

 

食品によっては悪玉菌が増加してしまうものが沢山ありますので、
ヨーグルトで腸内環境を正常にしておくことが必要ですね。

 

結核にはにんにくが効果があります。

 

にんにくの特徴でもある強い匂いですが、成分のアリシンには結核菌を減らす効果があります。

 

アリシンは水溶性の為に、消化活動を活性化する効果もあります。

 

そして肺結核には銀杏が効果があります。

 

滋養強壮効果もある銀杏ですが、油につけて作る銀杏の油漬けがとても効果があります。

 

冷蔵庫で3ヶ月ほどは保存ができますので、
作りおきをすることも可能です。銀杏にはタンパク質による老廃物を排除する効果がありますので、
参考にしてくださいね。

 

肺の病気は深刻な状態になる前に、早期発見早期治療が理想です。

 

肺に痛みがある場合にも早めに対処すると良いでしょう。

 

スポンサードリンク