動脈硬化予防に良い食べ物

動脈硬化予防に良い食べ物

 

 

生活習慣病の中でも動脈硬化はとても深刻な病気です。動脈硬化には食生活での改善をする事もとても大切になります。動脈硬化にはマッシュルームが効果があります。きのこにはエリタデニンが含まれていますが、血中のコレステロールを減らす効果があります。動脈硬化になると血管に脂肪が付着してしまう為に、きのこの成分は動脈硬化の予防にとても効果があります。動脈硬化には牛乳が効果があります。牛乳にはアミノ酸が含まれている為に、交感神経を刺激して血圧を下げる作用があります。牛乳は子供の頃から沢山飲んでいると、大人になった時にとても効果があります。大人には一日200mlの牛乳が必要だと言われています。不足しないように毎日飲むと良いでしょう。豚肉にも同様に動脈硬化を防ぐ効果があります。特に脳動脈硬化にはとても効果があります。豚肉のヒレ肉は、脂肪も少ない為にオススメです。動脈硬化を予防する為には、野菜中心の食生活が理想ですが、野菜の中ではごぼうがとくに効果があります。ごぼうには食物繊維が多く含まれています。胃腸の働きを活発にするほか、セルロースやペクチン、リグニンなどの成分により血中のコレステロールを下げる効果があります。同様に野菜にはピーマンや小松菜などにも予防効果がありますので、毎日の食事には不足しないように心がけましょう。ピーマンは特にビタミンCが多く含まれている為に、血液中のコレステロールを下げる作用が高く、脂肪の酸化を防ぐ効果もあります。加齢により体の機能は減少してしまいますが、食事から取る栄養の効果はとても重要です。バランスを取る事と、必要な栄養分をしっかり取るように毎日の食事には注意をしたいですね。

 

スポンサードリンク