呼吸器の病気に効果のある食べ物

呼吸器の病気に効果のある食べ物

 

呼吸器の病気の症状には、パイナップルを食べると効果があります。

 

特に気管支炎には効果がありますが、パイナップルのビタミンCが
抗ヒスタミンの作用や器官の筋肉の緊張を緩和する効果があります。

 

風邪をひいた時や、喉が痛い時、気管支炎になって
痰がよく出てしまう場合などにとても効果があります。

 

しかしパイナップルは酸がとても強い為に、一度に沢山食べると
下痢の原因にもなりますので注意をしてください。

 

痰に効果のある薬には、パイナップルの成分である
プロメリンが使われています。

 

呼吸困難になったときにはヨーグルトもオススメです。

 

卵のたんぱく質はとても質が良く、健康にも大切な栄養源です。

 

しかし卵には硫黄成分が含まれている為に、
腸内の悪玉菌を増やしてしまう場合があります。

 

それが原因で起こる呼吸困難にはヨーグルトの
善玉菌の力が抜群に効果的になります。

 

呼吸器の病気には肺の病気がありますが、
結核の場合にはにんにくを治療として食べると効果があります。

 

にんにくの匂いの成分となるアリシンには、
結核菌の原因となる脂質を減らす効果があります。

 

そして消化吸収を活発にする為に、
消耗性結核にはとても効果があります。

 

肺結核には、銀杏が効果があります。

 

銀杏には肺を温めて働きを活発にする作用や、
滋養強壮の働きもある為に、効果があることが注目されています。

 

そして銀杏のたんぱく質には解毒作用もある為に、
老廃物を排出して代謝を活発にする効果も期待できます。

 

銀杏はフライパンでからいりをして、
薄皮をむいたらごま油につけて銀杏の油漬けにしましょう。

 

冷蔵庫で3ヶ月間は保存ができますので、
作りおきをするととても便利ですね。肺の強化にはオススメです。

 

スポンサードリンク