高血圧・低血圧に良い食べ物

高血圧・低血圧に良い食べ物

 

血圧を正常に保つ事は健康維持にとても重要です。

 

高血圧は生活習慣病でもありますので、
日頃の食生活には特に注意が必要になります。

 

高血圧には牛乳が効果があります。

 

乳に含まれる良質なたんぱく質には、
アミノ酸が含まれています。

 

交感神経を刺激して血圧を下げる効果があります。

 

牛乳は不安定な血圧をコントロールして、
動脈硬化を防ぐ働きもあります。

 

しかし急に沢山の量を飲んでも効果はありませんので、
若い時から日常的に飲んでいることが効果的です。

 

成長期の子供には400ml、成人の大人には
一日200mlの牛乳が必要だと言われています。

 

不足しないように心がけてください。

 

そしてトマトにも高血圧を予防する効果があります。

 

成分のビタミンCとPは、血管からの出血を防ぐ作用があり
毛細血管を丈夫にする効果があります。

 

強い血管を作る為に高血圧にはとても効果があります。

 

そして高血圧には大根のビタミン類もとても大切です。

 

大根は皮に栄養が沢山つまっています。

 

カルシウムやビタミンPが豊富に入っていますので、
皮も一緒に食べるようにしましょう。

 

高血圧の予防としてとても効果的です。

 

血圧を下げるには、ローヤルゼリーが効果があります。

 

塩分の取りすぎなどにも効果があります。

 

ほかにも昆布やマグロ、チョコレートなどにも血圧を
下げる作用がありますので、高血圧の人には
ぜひオススメの食べ物です。

 

血圧が一定にならないときには、しじみがとても効果があります。

 

質の良いたんぱく質を含み、必須アミノ酸も含まれています。

 

血圧のバランスを取る作用がありますので、
不安定な時にはしじみを食べるようにしましょう。

 

このように毎日の食事の中で必要な栄養分を取る事で、
血圧も安定する事が出来ます。

 

スポンサードリンク