血液の病気を防ぐ食べ物

血液の病気を防ぐ食べ物

 

血液の病気には、血便や血尿、
そして血管の老化など様々な症状があります。

 

それらの病気を防ぐ為には毎日の食生活がとても重要です。

 

まず血便と血尿に効果のある食べ物ですが、
ビタミンKを多く含むレタスに効果があります。

 

ビタミンKは、出血性の病気、カイヨウや血尿、
痔による血便などに効果があります。

 

レタスには食物繊維が多く含まれていますので、
胃の働きを強くする作用もあります。

 

更に胃の保護にもなる為に、このような病気にもとても効果があります。

 

血管の老化は、加齢により起こります。

 

しかし血管の老化は予防をせずにそのままにしてしまうと、
色々な病気の原因となります。

 

血管の老化を防ぐにはみかんがとても効果があります。

 

みかんにはビタミンEが沢山含まれていますので、
抗酸化作用がとても高く体の老化を予防する効果があります。

 

肌の老化防止にもエイジングケアとしてとても効果があります。

 

そしてみかんは体をアルカリ性に保つ為に、血液の酸化を防ぎ、
血管の老化を予防する事が出来ます。

 

コレステロールを減らす作用もありますので、
健康的にもとても重要になります。

 

血液の病気は、壊血病という深刻なものがあります。

 

これを防ぐにはピーマンのビタミンCがとても効果があります。

 

手足の関節が痛くなるのは、ビタミンC不足が原因する場合もあります。

 

歯茎か出血をする事もありますし、血管が弱くなり、
破けやすい状態にもなってしまいます。

 

血管の浄化と造血作用にも効果がある食べ物がいくつかあります。

 

浄血作用があるものには、トマトがありますが、
ビタミンB6の作用で脂肪の代謝を活発にする為に、
肝臓の負担を減らす事ができます。

 

解毒作用が向上する為に、血液が綺麗になり
循環器系をかっぱつにする効果があります。

 

 

スポンサードリンク