風邪をひかない食事

風邪をひかない食事とは?

 

風邪をひかない食事ってどんなものでしょう?

 

たぶん、みなさんご存知とは思いますが…
これさえ食べれば、あっという間に風邪が治る!風邪をひかない!
っていう食材なんてないんです。

 

風邪の時に食べた方がいいものはありますが、
食べれば治るものではありません。

 

人間は、1日3回の食事を毎日繰り返しています。

 

その食事が体を作っています。

 

ですので、普段から1回1回の食事を大切にして
風邪の予防をしましょう。

 

 

【かぜをひきにくくなる食事と食べ方】

 

ビタミンACEとタンパク質

 

抵抗力UPのビタミンA:ブロッコリー・ホウレンソウ・にんじん・小松菜など

 

免疫力UPのビタミンC:イチゴ・かぼちゃ・いも類・ブロッコリーなど

 

血行促進のビタミンE:大豆・ナッツ類・ホウレンソウ・かぼちゃなど

 

体の機能保持のタンパク質:大豆・肉・魚・卵など

 

粘膜の機能保持の鉄分:ホウレンソウ・小松菜・ひじき・貝類など

 

薬味と香辛料

 

白血球の数を増やす薬味:生姜・パセリ・ネギ・唐辛子・ミョウガ・青じそ・にんにく・にら

 

血行促進の香辛料:こしょう・カレー粉

 

美味しく楽しく食べましょう!

 

美味しく楽しく食べるための工夫をしましょう。

 

美味しくいただくためには、お総菜を買ってきても
綺麗な器にに盛り付けましょう。

 

楽しく食べるために家族と会話したり、
一人でも好きな音楽を聴きながら楽しく食べる工夫をしましょう。
(楽しく食べるのとそうでないのとでは、栄養の吸収率が大きく違ってきます!)

 

どんなメニューで作ればいいのか?
忙しい人でも、上記の食材をバランスよく使いこなすには、彩り作戦です!

 

上記の食材以外にも、カラフルなものを選んで摂るようにすれば
栄養のバランスは格段に上がります!

 

お総菜を買う時でも、カラフルを意識しましょう。

 

また、ブロッコリーは栄養バランスに優れた食材ですので、
私は、ほぼ毎日食べています。

 

味噌汁、サラダ、カレー、スープでれに入れても美味しいです。

 

茹でで冷蔵庫にストックしてドンドン使いましょう!
風邪の予防に最適です。

 

スポンサードリンク