傷・かゆみ・できものに効く食べ物

傷・かゆみ・できものに効く食べ物

 

傷やかゆみ、できものは市販の塗り薬を使わなくても、
食べ物で改善する事が出来ます。

 

湿疹があるときにはたまねぎの表皮を細かく刻んで
粉末にして飲むととても効果があります。

 

同様に、あせもやかぶれ、湿疹にはごぼうの歯や根を
刻んだものが効果があります。

 

お風呂に入るときに刻んだごぼうを袋に入れて入浴剤として使ってください。

 

消炎効果があり、早く治す作用があります。

 

かぶれや湿疹があるときにはとてもオススメです。

 

そしてふでものやあせもがある場合ですが、
梅を使った解消方法があります。

 

痛みをともなうひどいおできには、つぶした梅を塗っておくと、
うみがでやすくなり、痛みを緩和する効果があります。

 

ひょうそうなどの激痛がある症状にもとても効果的に
梅を使うことが出来ます。

 

そして白菜を使ってかぶれを治す方法もありますが、
白菜はつぶした汁を使い、かぶれた患部に直接つけてください。

 

治りがとても早くなります。

 

蕁麻疹ができやすい人にはレモンがオススメです。

 

レモンの成分ビタミンCは、解毒作用がある為に料理にレモンを使ったり、
飲み物にいれて多く取ると効果があります。

 

では肌のトラブルにはどのようなものが効果があるのでしょうか。

 

ニキビは、思春期には多く出来る事が特徴です。

 

ふきでものやニキビには大根を使って治すことが出来ます。

 

大根の葉の部分にはカロチンが豊富に含まれていますので、
体内でビタミンAとなり新しい皮膚の細胞を作る効果があります。

 

そして血液や粘膜、骨の発育促進効果もあります。

 

ほかにもしそを使ってにきびを治す方法や、
にんにくをつぶしたものをおできに付ける方法など、
食べ物の自然の力で気になる皮膚疾患を改善する事ができます。

 

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサードリンク