胃腸の病気に効く食べ物

胃腸の病気に効く食べ物

 

 

胃腸の働きは私達の健康をつかさどる為に、
とても重要になります。

 

食べ物の消化吸収をする器官ですから、
健康の基盤ともなっています。

 

胃腸の病気に聞く食べ物は、それぞれの症状により異なります。

 

まず誰にでも体験のある、胃痛や胃のものたれですが、
この場合には効果のあるのが山椒です。

 

山椒の皮の部分に含まれたシトローネという精油が、
胃を守り温める効果があります。

 

胃のもたれが激しい時は、山椒の皮をせんじてコップ1杯分の水で混ぜ、
食後に3回ほどに分けて飲んでください。

 

冬の果物として人気のあるみかんですが、これも胃のもたれにとても効果があります。

 

みかんの皮を干したものは漢方薬としても使われています。

 

ビタミンEやクエン酸を多く含むために、
消化を助ける効果がありますので、胃のもたれには抜群な効果があります。

 

胃腸虚弱の場合には、しそを食べると効果があります。

 

しそは気分をすっきりさせる効果もあり、ストレス解消効果がありますので、
心配事や悩み事が原因で起こる胃腸障害を改善する作用があります。

 

ストレスは胃腸活動にとても影響しています。

 

しその香りでリラックスすることで、爽快な気分になることはとても効果があります。

 

ショウガにも胃腸機能を向上させる効果があります。

 

ジンゲロンという成分は、胃液の分泌を活発にする為に、
消化作用の向上になりますし、細胞や組織もしっかりと形成できる作用があります。

 

胸焼けをする方には、胃酸過多を改善する必要があります。

 

そのためには柚子を食べる事で、酸味クエン酸の働きで胃液の分泌を
安定させる効果があります。

 

このようにそれぞれの胃腸障害により、効果のある食べ物が異なりますが、
体に安心の食材で気になる症状や体質を改善する事が出来ます。

 

スポンサードリンク