赤ちゃんのインフルエンザ予防対策法とは?

赤ちゃんのインフルエンザ予防対策法とは?

 

 

インフルエンザの流行する季節は、家族みんなが
一緒に予防対策をすることが大切です。

 

特に小さな子供や高齢者がいる家庭は、
予防に力を入れることが重要になります。

 

では赤ちゃんの場合にはどのような方法が効果的になるでしょうか。

 

その方法をご紹介したいと思います。

 

インフルエンザの予防接種は生後半年ぐらいから
摂取することが可能になります。

 

予防にはとても効果的になりますので、
摂取できる年齢であればまずワクチンを打っておくことが必要ですね。

 

そして赤ちゃんがいる家庭では、他の家族が予防をしっかりする事が必要です。

 

外から戻ったら必ず手洗いとうがいをすることです。

 

ウイルスが付着した手で赤ちゃんを触ってしまうと、
そこからインフルエンザは感染してしまいます。

 

室内では空気の乾燥を防ぐ為に加湿器を使いましょう。

 

ウイルスは湿度に弱いために、乾燥をしないように、
特に赤ちゃんが寝ている部屋の湿度は調整するようにしましょう。

 

流行する季節の外出も控える事が予防になります。

 

人ごみの多いところを避けることや、
なるべく長時間の外出を控える事も大切です。

 

赤ちゃんのインフルエンザの予防は、直接的に行うことよりも、
周囲の配慮がとても大切になります。

 

赤ちゃんは生後半年まではお母さんの免疫がありますが、
それ以降はどんどん風邪なども引きやすくなっています。

 

インフルエンザは重病化する恐れもありますので、
特に月齢が若い赤ちゃんがいる場合には、
予防対策をしっかりとることが必要ですね。

 

家族がかからない事が一番の予防となるのです。

 

そして乾燥しやすい時期は、しっかり水分を取る事も忘れずに行いましょう。

 

白湯などお風呂あがりにはしっかり飲ませて乾燥を防いでください。

 

スポンサードリンク