寝る前の簡単な風邪・インフルエンザ予防の方法とは?

寝る前の簡単な風邪・インフルエンザ予防の方法とは?

 

 

毎日の睡眠は疲れた体を回復する為にとても必要です。

 

睡眠不足や寝不足は健康にも害がある為に、
毎日の質の良い睡眠がとても重要になっています。

 

風の予防の為にも、毎日ぐっすり寝る事が必要です。

 

しかし睡眠中は風邪のウイルスが体内に入りやすいこともあり、
工夫をして予防対策をすることが必要です。

 

まず行いたいのが、乾燥を防ぐ事です。

 

加湿器があるときは、寝る時にも必ず使いましょう。

 

湿度が50%になるだけで、ウイルスの生存率が3%まで
減少するとも言われています。

 

加湿器がない場合には、洗濯物を室内で干したり、
濡れたタオルを寝る時に近くに干すだけでも効果があります。

 

睡眠をとることはストレス解消にもつながりますので、
免疫効果をアップする為に重要です。

 

インフルエンザになると、高熱を出すだけでなく、
家族にもうつってしまう恐れがあります。

 

風邪の治療をする前に、まず予防をすることが必要です。

 

質の良い睡眠をとるためには、お風呂で体を良く温めましょう。

 

しかし寝る直前の入浴は興奮してしまう原因になりますので、
1時間ほど前には入浴しておく事が大切です。

 

そして外出時に使うマスクですが、寝る時にもとても効果的に使うことが出来ます。

 

マスクを濡らして使うことで、ウイルスの繁殖を防ぎ、
喉の乾燥を予防する事が出来ます。

 

呼吸が温まる事で、体の冷えを予防する事も出来ます。

 

毎日の睡眠は、体の抵抗力を高める為にも大切です。

 

風邪は疲れが溜まっている時など、
心身の健康のバランスが崩れる事とリスクも高まります。

 

質の良い睡眠をとるためにはリラックスできる環境を作ること、
そしてアロマなども利用する事で、体が癒されます。

 

風邪の流行シーズンは特に睡眠不足には注意をしましょう。

 

スポンサードリンク