9.マイコプラズマ肺炎と風邪の違いとは?予防&対策とは?

マイコプラズマ肺炎と風邪の違いとは?予防&対策とは?

 

 

重症化するおそれもあるマイコプラズマ肺炎ですが、
以前に比べても患者数が増えていることが特徴です。

 

インフルエンザのような有効なワクチンがない為に、
自分でしっかりと健康管理をして予防対策をすることが重要なポイントになっています。

 

マイコプラズマという細菌が原因の感染症です。

 

患者の多くは14歳以下の子供が多いのですが、
高齢者なども感染する可能性があり、悪化してしまうと
重症化する怖い病気でもあります。

 

症状は風邪に似ているのですが高熱がでたり、
止まらない咳などがマイコプラズマの可能性があります。

 

このような症状の他には、体に発疹がでる場あります。

 

高齢者の場合には肺炎のひきおこす原因にもなる為に、
日頃の予防と対策がとても大切になるのです。

 

マイコプラズマは抗菌薬が効かない為に、
かかってしまった場合には医療機関で診察してもらう事が必要です。

 

深刻な病気の原因ともなるマイコプラズマは予防と対策をする為に、
うがいと手洗いを徹底する事がポイントです。

 

そして近くに患者がいる場合には、飛沫感染もありますから、
マスクを必ず着用しましょう。

 

マイコプラズマの特徴は、ウイルスが気管に感染しやすい事です。

 

喉の痛みや咳などの症状に見られるように、
うがいをすることが一番の予防となります。

 

乾燥した空気の中では、ウイルスが活発になりやすい為に、
特に口の中の乾燥を防ぐ事が必要ですね。

 

マスクをつけることで、適度な湿度が鼻と口の中に保つ事が出来ます。

 

通常の風邪の予防と同様に、外から戻ったら
雑菌効果のあるハンドソープでしっかり手洗いを行い、
うがいをすることを習慣つけてください。

 

特に小さな子供は体の抵抗力も少ない為に、
予防に力を入れることが必要です。

 

 

スポンサードリンク