7、夏風邪 ヘルパンギーナの予防&対策法とは?

夏風邪 ヘルパンギーナの予防&対策法とは?

 

夏風邪の一種、ヘルパンギーナですが、子供がかかりやすい事が特徴です。

 

幼稚園や保育園など、集団生活をする場ではかかりやすいために、
大切なのは予防対策をしっかるする事です。

 

ヘルパンギーナは飛沫感染や便などからの糞口感染が原因となります。

 

ウイルス感染によるために、一番の方法はかからないように予防をすることです。

 

夏風邪として流行する事もありますが、風邪の予防と同様に、
基本となるうがいと手洗いにとても効果があります。

 

特にトイレの後はウイルスが手に付着してしまう事もありますから、
注意をして手洗いを徹底しましょう。

 

予防効果の高い、雑菌効果のあるハンドソープを使うと安心ですね。

 

夏は冬と異なりついつい油断をしてしまい、エアコンで体を冷やしてしまい、
体調を崩してしまう事も良くあります。

 

特に小さい子供は昼寝の時間にもエアコンの使いすぎには注意しましょう。

 

風邪の予防としてはビタミンCを豊富に摂る事が効果的ですが、
ヘルパンギーナも同様に、栄養のバランスの取れた
食生活をすることがとても大切です。

 

特に好き嫌いの多い子供の場合には、野菜ジュースなどで
栄養バランスをしっかりとるようにしましょう。

 

ヘルパンギーナは発病しても、市販の薬で対処できますが、
症状が悪化してしまった場合や、長引く場合には
病院で診察してもらいましょう。

 

特に家庭内に兄弟がいある場合には、感染してしまう恐れもありますので、
家族全員が予防対策をすることが必要になります。

 

ヘルパンギーナの特徴は、原因となるウイルスの種類が
多種類あることもありますので、何度もかかってしまう事もあります。

 

そのため、流行する夏の間は注意をしながら、
予防と対策を続けることが必要になりますね。

 

 

スポンサードリンク