夏風邪の予防方法

せっかくの休みを無駄にしたくない!夏風邪の予防対策とは?

 

 

夏休み、せっかく楽しみな予定が沢山あっても、
風邪を引いてしまったら台無しです。

 

冬の風邪の流行シーズンと異なり、夏風邪に対する予防対策は
しっかり行わない場合が多いですよね。

 

気温が高く汗をかくことが多い為に、体の冷えをあまり気にしなくなることも、
夏風邪の落とし穴となるのです。

 

夏風邪の原因は、エアコンで乾燥した空気の中で、
繁殖するウイルスによることが一般的です。

 

そしてエアコンで体を冷やしぎることも原因となります。

 

夏風邪のウイルスは冬のものとは異なり、
アデノウイルスやエンテロウイルスなどの
高温多湿に強いウイルスであることが特徴です。

 

夏風邪の症状は、高熱がでることはあまりありませんが、
喉の痛み、頭痛、微熱、倦怠感など、これらの症状が長引く傾向があります。

 

市販の風邪薬で回復できることが多いのですが、
症状が悪化したり高熱が続くような時は医療機関で診察してもらいましょう。

 

夏風邪には、他にも子供がかかりやすいプール熱や、
ヘルパンギーナなどがあります。感染力が強い為に
人ごみを避けることも必要ですね。 

 

夏風の予防には水分をしっかり取る事です。

 

体から汗として体内の水分が不足しがちになります。

 

血液の循環も悪くなる為に、十分な水分が必要です。

 

炭酸飲料では糖分の取りすぎになりますので、
ミネラルウォーターが好ましいですね。

 

そしてエアコンの温度の調整も忘れずに行いましょう。

 

寝る時は、体が冷えない程度の除湿機能にすると安心です。

 

夏は疲労が疲労がたまりやすく、夏バテにもなりやすいです。

 

十分な栄養をとることと、しっかり睡眠を取って、
体に疲労をためないことが夏風邪の予防には必要になります。

 

特に夏休み中の子供の体調管理には注意をしたいですね。

 

スポンサードリンク