風邪を治す方法

インフルエンザ対策にも!緑茶うがいで風邪予防

 

 

いつも飲んでいる緑茶には、驚くほどのインフルエンザの予防効果があります。

 

風邪の流行シーズンは、色々な工夫をして、
予防対策をしている方が多いと思いますが、
どこの家庭にもある緑茶で簡単に風邪の予防が出来るのです。

 

その効果の秘密は、成分のカテキンにあります。

 

お茶にはカテキンと呼ばれる成分が豊富に入っています。

 

これは雑菌効果のあるもので、緑茶でうがいをすることで、
風の予防を出来る事がわかっています。

 

実際に、緑茶でうがいをした子供より、
うがいをしない子供は風邪の発熱疾患率が、
6割以上も多いことが結果としてでています。

 

それほど効果のある緑茶、市販のうがい薬を使うよりも、体に安心して使えますね。

 

緑茶はコンビニなどで、ペットボトルで手軽に
購入する事が出来ますが、風邪の予防として使う時には、
緑茶の葉を急須に入れてだしたお茶の方がカテキン成分が多いのです。

 

カテキンが沢山入っている市販の緑茶よりも効果がある為に、
茶葉を使うことがポイントです。

 

うがいの方法ですが、

 

@ぬるめの緑茶をまず準備しましょう。

 

A最初に口の中にある雑菌を除去するために口の中を緑茶でうがいをします。

 

B2回ほど繰り返してください。そして次は喉のうがいです。

 

C緑茶を口に入れて、上を向いて喉のできるだけ奥まで緑茶が入るようにしましょう。

 

D声を出しながら10秒間ほどうがいをしてください。これを2回繰り返します。

 

簡単に出来る緑茶のうがい方法、とても効果がありますので、
風邪をひきやすい子供や高齢者にもぜひオススメの方法です。

 

毎日の予防対策が風邪をひかない一番のポイントです。

 

そして十分に睡眠をとることや、
栄養のバランスを取る事などにも注意をしながら、
風邪の流行シーズンを乗り切りましょう。

 

スポンサードリンク