風邪での発熱を治す方法

風邪で発熱した時の対処法とは?あなたの対象穂は間違ってる?

 

風邪で家族が発熱した時、自分が発熱した時どうしていますか?

 

昔は、汗をたくさんかけばいいとか・・・
汗を書けば熱が下がると言っていました。

 

今病院ではどう指導するかを書きますね。

 

 

特に子供の風邪や発熱は心配ですよね〜。

 

子供の発熱も大人の発熱時も対処法は
基本的には同じです。

 

高熱で、暑がっていれば多くな動脈が通っているところ
(太ももの付け根やわきの下)を冷やします。
発熱している本人が気持ちいいと感じればOKです。

 

 

熱がそれほど高くないが発熱していて、寒気がする時は
布団や毛布を掛けて温かくしましょう。
こちらも発熱している本人が楽だと感じればOKです。

 

 

要するに、発熱している本人が気持ちよく
楽なようにするのがいいのです。

 

昔流の汗をいっぱい書けばいいがどしてダメなのか?
それは、やみくもに汗をかくと体力を消耗するからです。

 

風邪の時は、体力が低下しています。
ですので、無理やり汗をかくようにするのは、いいことではありません。

 

しかし、発熱している本人が心地いいと感じる状態にして
自然に汗をかいた場合は、速やかに着替えをしましょう。

 

着替えたら、また発熱している本人が心地いいと感じる環境で
休めるようにしてあげましょう。

 

また、発熱時で一番重要なのは水分補給です。

 

特に子供や高齢者はすぐに脱水になり命に係わる状態になります。
ですので、こまめに水分補給をしましょう。

 

水分補給で私がおすすめするのは、大塚製薬さんのOS-1です。

 

この商品の凄いところは、口に含んだだけでも
水分や塩分が粘膜吸収されることです。

 

また、脱水じゃない時に飲んでもあまり美味しく感じません。
しかし、脱水の時に飲むと甘みを感じて美味しく感じます。

 

私たちは、子供の脱水の指標によく使っています。

 

私は、1年中、自宅に常備しています。

 

OS-1で点滴せずに済んだ患者さんを何人も見ています。^^

 

 

【発熱時の対応のポイント!】

 

★心地いいと感じる環境で休ませること!

 

★水分補給に気を付ける。

スポンサードリンク