夏の夜寝る時にクーラーで風邪をひかない3つの方法とは?

夏の夜寝る時にクーラーで風邪をひかない3つの方法とは?

 

夏の夜寝る時にクーラーで風邪をひかない3つの方法とは?

 

@室温が25〜27度、湿度50%になるようにクーラーを設定する!
Aタイマーをかけるなら4〜5時間にセットすると熟睡できる!
Bクーラーが苦手な人は、毛布や簡易加湿器を利用しよう!

 

@室温が25〜27度、湿度50%になるようにクーラーを設定する!

 

快眠しやすい寝室の室温は、夏は25〜27度くらい、冬は14度〜20度くらいだと言われています。
また、快適な部屋の湿度は、夏でも冬でも50%〜60%と言われています。

 

寝室の環境にもよりますが、クーラーが苦手だからと言ってつけないと
寝ている間に熱中症になったり、熟睡できずに夏バテの原因になります。

 

Aタイマーをかけるなら4〜5時間にセットすると熟睡できる!

 

クーラーが苦手だから1〜2時間しかタイマーをかけない人も多いようですが
タイマーを使うなら4〜5時間かける方熟睡出来て睡眠の質が保たれるのでいいのです。

 

寝ている間の冷えや喉が痛くなるのが心配な人は、Bを参照してください。

 

Bクーラーが苦手な人は、毛布や簡易加湿器を利用しよう!

 

 

クーラーが苦手な人は、寝ている間に風邪を引いた経験がある人です。

 

クーラーをかけて毛布や薄手の布団をかけるのは・・・なんか違うような気がする・・・
という人もいるようですがそれでOKなのです。

 

人間は、寝ている間は体温も下がるのでクーラーで冷え過ぎないように
布団や毛布を利用しましょう。

 

また、喉が弱い人は、簡易型加湿器(ペーパータイプの加湿器)を置くことで
喉の風邪を防げます。

 

出来ればクーラーの中を1〜2年に1回専門業者に掃除してもらうことも
喉の保護には効果的なんです。

スポンサードリンク