目の症状に効く食べ物

目の症状に効く食べ物

 

 

生活の中ではとても大切な目。食生活に気をつける事で目の症状の改善する事が出来ます。携帯電話などを使うことが増え、小さな子供のゲームのやりすぎなどでも視力低下している人がとても増えています。視力低下を防ぐ為には大根がとても効果があります。大根の葉の部分にはカロチンが多く含まれています。カロチンは、体内でビタミンAとなり新しい細菌の増殖を抑える効果があります。視力低下を予防して、にきびなどの肌のトラブルにも効果があります。血液、骨、粘膜を活発にする作用があります。そして小松菜にはカロチンが多く含まれていますので、同様に視力低下の予防にとても効果があります。小松菜のカロチンは、体内でビタミンAに変わります、視力を正常にする作用や、角膜の乾燥を防ぐ為に目を健康的にキープする効果があります。視力が低下してしまった場合には、回復する為にうなぎがとても効果的です。うなぎはビタミンAがとても豊富に含まれています。皮膚や髪の発育を促進して、呼吸器などの働きも活発にする作用があります。目はパソコンを使いすぎると疲れ目となります。このような生活環境により、目を酷使する人が沢山います。目の疲労回復にはうにがとても効果があります。ビタミンAを多く含んでいますので、目の疲れを回復して、夜盲症にも効果があります。目の働きを活発にする効果が良いです。結膜炎には納豆がオススメです。納豆のビタミンB2には、生体組織の再生にとても効果があります。粘膜を丈夫にしますので、結膜炎や角膜炎の予防をすることが出来ます。大切な目の働きはこのように効果のある食品を毎日取ることが大切です。そして目の使いすぎを予防する為にも、目を休ませる事が大切です。

 

スポンサードリンク